ノロウイルス感染者を「ノロわれた人」というのはどうですか

昨日の電車で感じた悪寒のせいだ。あるいは、駅からタクシーに乗っちゃうか、と思ったのに一台も待ってくれていなかったタクシー業界のせいだ。
風邪をひいたようである。

夜中にやたらと汗をかいたような気がする。目覚めが意外とすっきりしていたので、ご飯とお弁当を作る。
娘は寝続けていたので、妻を送り出してから寝直し。
に時間ぐらいしたら娘が起き出したので、ご飯を食べさせたり。ちょっと違和感を感じたので、熱を測ると37度。ありゃ。

娘をうまく誤魔化して、もう一度布団へ。一時間ほど横になる。娘が起き出したので、おやつを食べさせたり。まだ違和感を感じたので、熱を測ると38度。ありゃりゃ。

娘をうまく誤魔化して、もう一度布団へ。寝たか眠らないかぐらいの感じで、娘が起き出したので、ミカンを食べさせたり。違和感があるので、熱を測ると39度。ここまでくると、どうにもオカシイ。

じっと座っているだけなら問題ないのだが、娘を連れてお買い物に出たりするのは無理だ。ぼーっとしながら、娘が暴れるのを保護観察。

嘔吐、下痢の症状はないので、ただの風邪だろう。ノロわれてるんじゃなさそうだ。
それにしても、家の中にいても時々ぎゅっと寒くなるし、また突然ボッと暑くなったりする。体温調節機能が狂っているのだ。

夕方、昨日一緒だった後輩Oから電話が。京都方面に向かっているので、一緒にラーメンどうですかとのこと。
体調不良を伝えて、お誘いを断る。美味しいラーメン屋は教えておきました。

昨日の飲み会は、ほとんどが大学周辺在住の人たち。私だけ京都なので、先に帰ってきたのだが、こういう地理的な距離感が心理的なものにも影響していると思う。といったら、後輩には「ソレ(地理的なもの)が原因じゃないですよ」といわれた。あ、そうか(笑)

ともあれ、せっかく誘ってくれたのを断らないとイケナイなんて、ついてないなぁ。

コメントは受け付けていません。