照山モミジ

タイトルに意味はありません。子供の頃から、「芸人さんみたいな名前だなぁ」と思っていた歌詞の一節です。

会議を終えてメールを見たら、娘が熱を出しているというので、急いで帰宅。
終了間際に病院に飛び込んで診察してもらったら、とりあえず風邪の薬を出すという。とりあえず、というのは、明日になっても熱が下がらないorむしろ上がるようであれば、インフルエンザの検査をするとのこと。
うーん、困ったなぁ。少なくとも、私のスケジュール的にはインフルエンザにかかっているヒマはありません。
どうかタダの「のどが腫れた風邪」で終わってくれますように、という感じ。

全然違う話だけど、論文というのは、しっかり思考しておけば、書けるものだと思った次第。
職を得たことによる一番大きな違いは、若気の至りを肯定できるようになったこと。俺がいわなきゃ誰が言う、という根拠のない自信がついたのだ。いいことなのか、悪いことなのかは、誰かが決めて下さい。

コメントは受け付けていません。