訂正。校了→脱稿

こう‐りょう【校了】
[名](スル)校正がすっかり終わること。「―した校正刷り」「―日」

だっ‐こう【脱稿】
[名](スル)原稿を書きおえること。「長編小説を―する」

昨日終わったのは、脱稿のほうでした。適当な日本語を使っちゃいけないな。自戒の意味もこめて、昨日の日記は訂正せずに、今日の日記に書いておく。

校了するのはまだまだ先だろうな。とりあえず、たたき台となる原稿ができたというレベルなんだから。実は、この後の校正作業のほうが長くてつらいのです。何度も呼んだことのある文章を、吟味しなおすのだから・・・。出版社に渡すまでに、二回は読まないとね。目安として、ver3.0ぐらいになれば、人様にお見せできる日本語になります。本でも論文でも。

日記
連休、やってます

令和になりましたな。 世間は10連休。わたしは初日の土曜日に研究会を入れたし、最後の月曜日は授業日な …

日記
バルサン焚きました

去年の今頃もやったなぁと思いつつ。 家の中にムカデが出るんですよ。家族はみんな虫嫌いで、中でもムカデ …

日記
さようなら平成30年度

大学という年度単位で生きている私どもにとっては,今日がある意味一年の最後の日です。明日は新元号も,科 …