正しい正月

今年はこちらで家族だけで年越し。妻が張り切ってお重におせちを詰めています。

横で見ていて思うのは、正しい正月のイメージがあるんだなぁ、ということ。
私は正月のイメージといえば、冬休み+初詣+年始のごあいさつ、というぐらいのものだ。
普通の人は、これに年越しそば、紅白歌合戦、おせち、お雑煮があるのでしょう。

私の記憶にある「年始のごあいさつ」は、行き先が父方の祖母のところしかなかったので、ほとんどあってないようなものだ。家族のイベントというのも、ある程度大きくなったら無くなった。むしろ、大学院生になってから、指導教授の所にお年始のごあいさつに行くようになって、「わーい、イベントが増えたー」と喜んだほどだ(笑)

その点、妻はしっかりと、料理のイメージ、家族のイメージ、年越しのイメージがあるようです。紅白観るっていってるし(笑)
子供達が大きくなるにつれ、ちゃんと「我が家の正月」を形成していかなければならないんだなぁ、と思うと、大人って結構やることがあるもんだと思うわけです。

コメントは受け付けていません。