さいこめとりしゃん

萌えキャラみたいですが、違います。

心理学と計量の両方を追い求めていくと、計量の中に見える哲学のようなものが感じられて、それがとても面白いと思うのです。
だから自分では、計量のプロだという意識はあんまり無くて、計量サイエンスライターぐらいのつもりなのです。

コメントは受け付けていません。