社会学の本を読んでいると

「普通=各停」より後に出る「快速急行」が、先に“目的地”に着くのはトリビアルな知と言わざるを得ない。

なんだかね。こんな感じで、括弧でくくったり横文字を入れたりして思考してしまうのです。

でも、これは言葉の抽象度を上げて、概念の純度を上げているようにみえて、確からしさを下げてしまっている悪い表現マナーだと思うのだ。少なくとも、読者に優しくはない。表現に必要なことは、すべて平易な言葉で表現すべきだと思う。

好みの問題だろうか。

コメントは受け付けていません。