チャーシューうめぇ

先週末作ったチャーシューはうまくできた。

コツ(というか従来と違うところ)は二つほどあって、
1.ダシを改良
2.調理前のつけ込み時間をとった
ということである。

どうにもうまくできないので、チャーシューのタレ(既製品)を勝ってきて、味見してみたところ、自分が作った醤油ベースの出汁よりかなり甘いことがわかった。
そこで、その既製品に合うように、鰹出汁を取って醤油を薄め、砂糖などを入れて味を近づけた新型出汁を用意。今回はそれを使っている。

さらに、その既製品に書いてあった作り方を真似て、煮る前に生の段階でつけ込む時間を用意。
生肉を凧糸で縛り、フォークでぶすぶす穴を開け、新型出汁に半時間ほどつけ込む。その後フライパンで周りを焼き固め、いつものように(出汁で)煮る。

こうすると、結構中まで美味しい味がしみこむモノができた。
なるほどこういうことか。よーし。

コメントは受け付けていません。