真意

統計的手法が心理学の研究に不向きなのでは、という発言の真意は、「ネイマン−ピアソン統計は思考に不向きなのでは」という意味です。
今更ながらですが、ベイズ統計による教育方法に転換せねばならんのではないでしょうか。少なくとも、”統計的仮説検定”とか”5%水準”は日常の思考形態ではない。

コメントは受け付けていません。