カラマーゾフの兄弟

長い間読んでいたけど、やっと読破できました。
カラマーゾフの兄弟

いや、ロシア文学ってのは面白い。くどくどくどくどしていて、面白い。携帯小説を読むような人には、この青臭い感じと仰々しい感じとどすんと来る重い感じが好まれないんだろうなぁ。
でも、一度はまるとどんどん読み進めてしまいますよ。「罪と罰」もよかったけど、この長編もまたイイですな。

どこに重点があるのかよくわからないまま、上・中・下巻ともにそれぞれ惹きつけられるところがあって、時間はかかったけど楽しく読破できました。皆さんも是非。

コメントは受け付けていません。