カーボンオフセット

インチキ宗教と本当の宗教の境目はなにか。見分け方は意外と簡単で、どういう形であれ、お金を取られたらそれはインチキだ、ということです。何百万もする壺や仏壇はもちろん、数千円の数珠とかアクセサリーというものでも、お金がいるという時点でその宗教は偽物だと言って間違いない。額の問題じゃないんです。代価を求めた時点で宗教の本質から逸れると考えるからです。

ネットワークビジネスは何が悪いか。確かにネズミ講は犯罪ですが、ネットワークビジネス、いわゆるマルチまがい商法は犯罪ではない。では何が悪いかというと、「元手ナシで儲かる」というところです。そんなはずはないのだから。その手の話は必ず「その代わりに」がつづいて、友達を紹介しなさい、商品を宣伝する人になってください、ということになる。友達を(顧客として)紹介するだけでイイ、というのは要するに、友情を売りなさい、人間関係を金に換えなさい、ということです。元手はかからないけど、ノルマが課せられ、そのために人間関係を破壊するので、問題になるのです。

さて本題。

ローソンでカーボンオフセット商品が買える、というニュースを見た。
カーボンオフセットとは、その商品を買う(権利を買うのかな)と、その分のお金が発展途上国に行って、その分植林してくれるので、CO2削減に協力したことになる、というもの。

商品は、
・200kg-CO2オフセット 1,050円(税込)
・500Kg-CO2オフセット 2,500円(税込) 
・1トン-CO2オフセット 4,500円(税込) 
というラインナップらしい。
4500円払ったら、1tのCO2削減に協力したことになるんだって。

そんな馬鹿なことがあるか!

そもそも、環境は金で買えないから何とかしろと言ってたんじゃないか。ばかばかしい!
金を要求してきた時点で、環境問題が嘘だったということがはっきりわかりましたよ。

環境問題は間違いなく詐欺だな。

京都議定書も、実は金で解決する逃げ道があって、最終的にはヨーロッパに金を支払わないと目標達成なんてできないようになっていたのだ。まぁその辺は、高度な政治取引というのがあるのだろうと思って目をつぶっていたのだが、個々人をねらい打ちしてくるとは悪質な詐欺といわざるを得ないなあ。

これ、引っかかる人多いんだろうね!普段からエコ云々言っている人はまぁ引っかかってください。その方が認知的不協和が無くなっていいでしょうから。

あぁもう、世の中の人間は、この世の中に金で買えないものは無いと思ってるんだろうか。
友情も、愛情も、命も、環境も、幸も不幸も、金では買えないのだぞ!
売ってる時点でそれは、偽物ですぞ!!

コメントは受け付けていません。