花粉症、飲むワクチン開発=8割以上で症状改善−山口大

 花粉症を引き起こすたんぱく質をスギ花粉から取り出し、弱毒化して錠剤として飲む方法で、花粉症患者8割以上の症状が改善したと、山口大の加藤昭夫名誉教授の研究室が19日までに学会で発表した。
 加藤名誉教授によると、2006年に花粉症の原因となるたんぱく質を1日に0.7ミリグラム摂取するよう調整した錠剤を患者40人に30日間投与したところ、34人の症状が改善。うち5人は完治したという。
 治療の原理は注射と同じだが、注射による治療が数年かけて、継続的に行わなければならないのに対し、この「経口ワクチン」による方法は錠剤を1カ月飲むだけで、「手軽な治療法」としている。

元ネタ>>表示できません – Yahoo!ニュース

やるじゃん、山大

今年の秋から、注射による治療を始めようと思っていたんだけど、これを見るとこっちの方が良さそうな気がするよな。
でも商品化にはまだまだ時間がかかるんだろうな・・・?

日記
さようなら平成30年度

大学という年度単位で生きている私どもにとっては,今日がある意味一年の最後の日です。明日は新元号も,科 …

日記
巡り合わせの悪い時期

息子の骨折,本日完治いたしました。先週ピュウッと留め金の針金を抜いて終わったそうです。最近の医学はど …

日記
半月板ガングリオン

ロボの名前みたいだよねー。病名なんですけど。和名?は半月板囊腫です。 膝が痛い問題、MRIの結果を持 …