とうさんとかあさんがよなべして

娘の幼稚園準備。持ち物すべてに名前を書く。
あらゆるものに書く。

面倒なのは、たとえばクレヨンの場合、入れ物の箱上下、中じき、クレヨン一本一本、に名前が必要なのだ。色ペンに至っては、蓋と本体にわかれるので、さらに数が増える。

娘が寝てから、夫婦でこつこつ書いた。
そうか、俺の親もこういう苦労をしてくれたのか。でも、全然わかってなかったなぁ。名前が書いてあって、当然だと思ってた。あるいは、幼稚園の先生が書いてくれた、とでも思っていたような気がする。

だから、ウチの娘にも期待はしないのです(笑)「(もう)書いてあるわ」と思ってくれたらそれでいい。子を持って親の恩を知ることができるのは、親になった人間の特権だ?!

コメントは受け付けていません。