「男性車両作って!」痴漢冤罪にサラリーマン悲鳴

 大阪市営地下鉄で男性会社員が痴漢にでっち上げられた事件後、「男性専用車両を導入してほしい」という申し入れが市交通局に相次いでいることが21日、わかった。「痴漢に間違えられたくはない…」。同様の要望は事件前から鉄道各社にも寄せられていたという。今回の事件を契機に鉄道各社も「導入を検討したい」としている。

ソース:ネタりか

私の日記を古くから読んでいる方はご存じかと思うが、そもそもの「女性専用車両」が気に入らない筆者です。女性専用車両が導入されたとき、「それなら男性専用車両も作れってんだ」と思ったが、まさかこんな形で、本当に要望の声が上がるとは思いませんでした。

ネット上でも賛否両論。

賛成派は、冤罪で人生が終わるのは嫌だから喜んで導入したい、という感じ。さらには究極的に、男女の社会を分断せよという人もいる。分断の仕方は色々で、「男は外、女は家にいろ」という古典的なものから、電車を「中央男性線」「西部女性線」のようにしろ、というものもある。月・水・金は男性が労働し、火・木・土は女性が労働する、というのもいいかもな(笑)*1まぁ完全に分断している、銭湯みたいなものだと思えばいい訳だし、社会全体でイスラム的にきちんと区分するというのもありかもしれない。

反対派は、男性が男性からの被害に遭う、という話もあるし、ホームや階段、エスカレーターなどでも冤罪は起きうるのだから、本質的な解決ではないというものもある。後者については後で議論。

上段だけど、中立派?の「痴漢専用車両を作ればいい」というのは面白かったな(笑)

さて、ディスカッションの中には「そもそも論」というのがある。すなわち、痴漢する男性が悪い、というもの、満員電車という状況が悪い(電車の本数が少ない、時差出勤が認められない)というもの、「冤罪」が悪い、という話である。

個人的には、最後の「冤罪」が悪い、というのを広く了解してもらって、改訂すべきだと思う。

痴漢はあまりにもハイリスクなのだ。罪があるのはもちろん、疑われるだけで仕事をクビになる、というのはひどいと思うのだ。少なくとも、初犯だったら、警察で怒られるぐらいの罰でいいんじゃないか。あるいは、数万円ぐらいの罰金。少なくとも、人生を変えてしまうほどの罰を与えるのはオカシイと思う。

そして、それほどハイリスクなものであるにもかかわらず、「疑わしきは罰せず」とか「物証主義」という刑法の基本が認められないというのが問題を大きくしているのだ。「さわられた」「それ見た」の二言で人の人生が終わるのであれば、二人組の詐欺が頻出する現状もうなずけるというものだ。

確かに、物証があるような問題ではなく、現行犯で捕まえにくいという問題もあるんだろうけど、だからといって「さわられた」「それ見た」の二言で罪が成立するというのは行き過ぎなのだ。ここは被害者には申し訳ないんだけど、最初の段階でそんなに簡単に人を罰することはできないんだ、その方が社会システムがおかしくなるんだ、と言うべきでしたな。個々人の幸福は、社会全体のためには犠牲にされることがある、という大原則が浸透してない気がします。現に、個人を優先したので社会全体としては不幸になったわけだから。

今後はどういう方向に行くのかな。
車で出勤する社会にすれば良いんだけど、ガソリンも高いし、一度にそれだけの人間が都会の道路に出てきたら交通渋滞がハンパねぇと思うしなぁ。時差出勤しかないかなぁ。結局それも、時間的な分断か。

もちろん、社会を分断するというのも一つの手なんだけど、これはきりがないと思うのです。
男と女という2種類しかいないんだから(簡単には)仲良くしなさいとは言わないまでも、けんかするほどのことはないんじゃないかしらねぇ。

少なくとも、社会を適切にデザインするために、必要なロジックやルールはどういったもので、どの程度であればよいか、ということについて考えるのは、我々の仕事だと思うのだ。

*1:男女雇用機会均等法が導入されたとき、仕事の絶対量が二倍にならなかったので、ダブルインカムで一つの世帯を運営しなければならないという方向性が決まったのだ。個人的には、これもオカシイと思う。一つの世帯で労働者は一人で良いんじゃないか。

コメントは受け付けていません。