確率・・密度?分布?

正規確率分布関数*1は大文字のΦ。

正規確率密度関数*2は小文字のφ。

しかも二変量です。bivariate、という形容詞がつきます。でも、訳し方は、二変量正規−、二次元正規−、二変数正規−と三種類あります。

ああ、ややこしい。

PDFとCDFの違いもよくわかってなかったんだけど。
別の文献を見たら、同じ式でφとΦが逆に書いてあるようで、大混乱。

結局前進したんだか、してないんだか。

思うに、算数をやると疲れますな。あと、国語(作文)も疲れますな。
社会はましかな。社会学、社会心理学、政治学?(笑)

事務処理が一番楽。右から左に受け流すだけ。でも、量があるとさばくのが大変になる。

理科は評定不能。

*1:normal distribution function/cumulative distribution functionともいう。略してCDF

*2:normal density function/probability density function。略してPDF

コメントは受け付けていません。