適切な複雑さの程度

  1. 人はいかにして社会を知るのか
  2. 明らかな構造、多様な個性、明文化されたルール、明文化されない規範。
  3. 個性は周辺化できる
  4. 辞書的数の尺度水準とは
  5. 「好き」と「愛している」の違い
  6. <私>と<自分>、意識と無意識、実数と虚数

「情報」とはそれを作り出すまでに捨てたものの指標

国家は国土、個人は感覚を重視すべし

社会工学は人を幸せにするか

コメントは受け付けていません。