川島教授、「脳トレ」の報酬はゼロ

ニンテンドーDSの大ヒット作「脳トレ」の看板教授は、「仕事が好きだから」という理由で一切の報酬を受け取ることを断っていると話している。

「Dr. Kawashima’s Brain Training」(日本版の名称は「東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修脳を鍛える大人のDSトレーニング」、米国版は「Brain Age」)は英国だけで100万本以上販売されており、ニンテンドーDSの販売数を押し上げ、ゲームの魅力をより広い層に広めた。

しかし、このゲームの看板教授はAFPとのインタビューで「私の財布には円も入ってきていない」と話している。この48歳の教授は、印税の半分- -およそ24億円(約2200万ドル)–を受け取ることもできたが、同氏は1100万円(10万ドル)の年収で満足しているという。
その代わり、この支払いは同氏の雇用者である東北大学に対して行われている。

川島氏の家族は本人ほどは淡泊にはなれなかったらしく、問題が生じたという。同氏は
「私の家族はみな私に腹を立てているが、お金が欲しければ自分で稼ぐようにと言っている」
と認めた。

川島教授、「脳トレ」の報酬はゼロ – GameSpot Japan

すごい人だなぁ。

宝くじが当たったら、隠しておけると思うが、これは顔も名前も出ているから、きっと莫大なもうけがあるだろう、と誰もが思うわけで。それをもらっていない、というのは驚いた。

私も常々、ハッピーに生きていく程度のお金があればいいと思っている。それはきっと、3億円ぐらいで(笑)、それ以上のお金が手にはいるのであればどこかに寄付してもいいな、と思い描くことはある。母校とかに、かな。あるいは、自分の研究所を建てて、マッドサイエンティストによる怪しげな研究(ソシオン)を続けるとか。

ともかく、自分の懐に閉じこめておいても仕方がないので、何らかの形で、よく言えば世の中に還元、ホントのところは責任を放棄したい、と思う気持ちは理解できるのである。この人も、同じような理由で放棄したんじゃないかしら。

ただソレを、大学(自分の勤務先)に与えるのはどうか・・・?
この気持ちは、正直、理解できない。

お給料もらっているところに、自分の稼ぎをあげちゃうの?

何に使われるんだろう。組織にあげちゃって、ちゃんと使ってくれるのか。雇う方も雇いにくいだろうに。

あるいは、宮城県(東北大学は仙台にあります)に寄付するとかのほうが、良いんじゃないかね。

うーん、わからん。

あ、でも、家族親族が反対しても、自分の意見を貫いたのは立派。特に、教育的には良かったと思います。

コメントは受け付けていません。