winmiraは面倒?

winmiraで潜在クラスを仮定したIRTをやってみる。
winmiraはSPSSデータをそのまま読めるし、GUIで操作できるから便利だ。やっぱりCUIからGUIへの変化はでかかったんだなぁ。
使い方は簡単になったけど、結果の出方はそれほど美しくない。その辺はパー助の方が圧倒的によい。また、実を言うと、結果は十分に出ていない。計算に時間がかかり、しかも収束しないというオチだ。これもいろいろクセのあるソフトなのかも。

とはいえ、パー助、winmiraなどの最先端ソフトを使える環境にいられることは、本当に感謝感謝だな〜。

コメントは受け付けていません。