数理心理学

数理心理学―心理表現の論理と実際 (心理学の世界 専門編)
数理心理学―心理表現の論理と実際 (心理学の世界 専門編)」も読破。
これはコートのポケットに入るサイズなので、長期帰省の間に読んでおりました。

勿論、第三章に千野先生の話があるから購入したのだけど*1、一、二、六章の話も良かったなぁ。公理論的測定論、の話。なにかを測る、ということにこれだけの年月と思想を積み重ねている人間がいる一方で、私も含めた社会心理学者は、あんまり考えもせずに五件法データをとったりしているわけで。適切な尺度にこだわることがいかに重要か、もっと多くの人に理解してもらわないとだめだなぁ、と思います。

最近読んだいろいろな本の情報を頭の中でミックスしながら、自分はここでどうすべきか・・・しっかり考えていきたいと思います。

*1:出てすぐ購入したら、後日、千野先生から献本していただきました。

コメントは受け付けていません。