パナソニック、家庭内電力線をネットワーク化するPLCアダプタ

パナソニック、家庭内電力線をネットワーク化するPLCアダプタ

これ、最初はどういうことかよくわからなかった。
コンセントにプラグを差し込むだけでLANとは?

最も疑問に思ったのは、どこにプロバイダ料金を払うのかと言うこと。コンセントまで通信回線が来ていると言うことは、関電にでもそのお金を払うのだろうか?

いろいろ読んでみたら、家庭内LANの話ですな。プロバイダとは普通に契約しておいて、スタートが電話回線じゃなくてコンセントになるのだな。家庭内のコンセントがLANの入り口になるんだな。我が家は無線LANになってるから、さして必要な技術ではない。が、昔の実家のように、三階建ての二階の電話回線からケーブルをはわせて各部屋に配信、というような状況であれば、かなり助かる技術だ。このアダプタ、13,000円と割安感もある。携帯の充電器や電子レンジと一緒に使うと、通信速度が少し落ちるというのが注意点ですな。

コメントは受け付けていません。