さようなら、X01HT

スマートフォンにあこがれて、環境が変わる機会にと、思い切って購入して半年。
不便なこともあったけど、色々カスタマイズして、まだ出来る、まだ使える、と思ってやってきた。

が、夏が終わる頃には、嫌なことの方が目についてしまうようになったのだ。

最近では、電池の消耗が激しくなったし(もう?!って感じ)、一日に一回ぐらい再起動しなければならなくなった。さらにさらに、迷惑メールの量がすごい。昨日の晩から今朝までの間(つまり深夜)に、20通だ。やりきれない・・・。

最近になって、妻が携帯電話を解約しようとしはじめた。そちらにはポイントが一万円分ぐらいあったので、それを使わせてもらったら、多少お得に機種変更が出来る。
ということで、思い立ったが吉日とばかり、行ってきました機種変更。

ちょっと解説。

ソフトバンクの3Gは、USIMカードに電話番号(契約情報)がはいっているので、それを入れ替えれば新しい機種を私の契約番号で使うことが出来るのだ。これは便利。

あと、これを機にauに変えようかとも思ったけど、SBのホワイトプランで家族間無料、SB同士も無料という条件が結構悪くない。auは通話料無料というオプションがないのだね。意外とね。

ところで、未だにソフトバンクのスーパーボーナスはわからん。意味がわからん。
電気屋で買おうと思ったのだけど、電気屋ではスパボの契約しかできないとのこと。一括はさせてもらえないのだ。今の機種、X01HTは梅田のヨドバシカメラで出来たのですけどね。
スーパーボーナスでの購入をかなり強く勧めてくるわけだが、二年間縛りの月賦払いというのがどうしても嫌なのです!これは気分の問題で、合理的経済人の行動ではないかもしれないけどね。
それにしても、一括購入だと3〜4万である。スーパーボーナスだと本体価格は7〜8万になる。分割+年間契約割引があるから実質的にはそちらが安い、という意味がわからぬ。一括も高い値段か、あるいはスパボでも安い値段か、どっちかにしてもらいたいものだ。その方がよほどすっきりする。

仕方がないのでショップに行った。ショップで一括購入がいい、というと「高くなりますよ」という。
しかしローン総額はスパボの方が高いのだ。悪いジョークだよ、にしおかすみこに似た店員さん。

ともかくなんとか、機種変更しました。

新しくなった機種、912Tは、ともかく携帯電話だ。
いつも機種変すると思うのだが、説明書を見なくても電話はかけられるし、まぁちょっとまごつくけど、カメラで撮れるし、バイブの設定が出来る。つまりそれぐらいデザインが統一化されてきて、UIのところで引っかかることがないのだ。これは道具として、すばらしい特徴である。

X01HTは半分電子手帳で、半分携帯電話。つまりどちらとしても不便だった*1。あるいは、小さなWindows機。つまりメモリの管理がうまくないので、しょっちゅうフリーズするし、再起動がいる。今回も、912Tへ電話帳を移行しようとすると、エラーが生じたようだ。ショップの店員がうんうん言いながらやってくれた(何度か本部に連絡を取っていた)。珍しい機種で、ふつうの携帯とは使い方が根本的に違う。よっぽど好きでないとやっていられない。

私は新しいものが好きで、しかもPCのような環境が常に身の回りに欲しいと思っている。
が、同時に便利でなければ嫌だ。ちょっとした動作にいちいち不快感を感じたくないのだ。
もし五段階評価で「スマートフォンがいい」から「ふつうの携帯がいい」までを評価すると、「どちらかというとスマートフォンがいい」ぐらいのポジションに、私はいるのだろう。人口比から考えると、これはかなり好意的な方だと思う。そういう私でも日々のストレスに耐えられなかった。
要するに、スマートフォンをもっと気軽に使えるようにするには、まだまだ早かったということだろう。

これを知るのにずいぶんと高い授業料を払ったものだ。お小遣いの中でローンを組みましたからね。家計に返していかねばならぬのだ。とほほ。30年ローンにして、と妻に言ったら怒られたw
最近出費続きだし、当分はおとなしく生活してます・・・。

*1:これを半漁人の定理という。詳しくは「神聖モテモテ王国」を参照のこと。

コメントは受け付けていません。