Vista & Office 2007 所感 #1

VistaとOffice2007をさわり始めています。

うっかりすると気づかないのだけど、でも確実によくなっていることは、画面のフォントの美しさ。メイリオになってよかった。XPパソコンに戻るときに「あ、あれやっぱり綺麗やったんやな」と気づくんだけど*1。こういう些細なことって、大事ですよ・・・ウシシ。

あと、ソフトをインストールするとき、実行ファイルをさわるとき、システムフォルダをさわるときなど、いちいち「ええのんか?」と聞いてくる。これは初心者にはいい機能だろう。もっとも私は、わかっててインストールしたりシステムフォルダに書き込んだりするので、「うぜぇ」としか思いませんけど。

あと、Vistaになってから、Windowsカレンダーというのが着いてきた。スケジュールソフトみたいだ。Googleカレンダーを読み込ませることも簡単にできた。M$は本当にパクリがうまいねぇ。

Office2007は劇的にインターフェイスが変わって、まだ慣れそうにない。今のところ、Officeを中心にした作業はしてないんだけど(もっぱらTeXで書いてます)、もしこれがOfficeメインになったら大変そうだな。アイコンがいちいち違う場所に配置してあるので、探し出すのが面倒だ。こっちのほうが本当によい分類になったんだろうか。あるいは、前のメニューバー形式も、選択して使えるようにしておいてくれたらよかったのに。

余談ですが、SPSS15やAmos7をVistaに入れるときは、ライセンス認証を始める前にVistaHotfixバッチを当てなければならない。
ちょうど本日、うちの研究室にもこのソフトがきて、入れようとしたところに学生から「バッチを当てずにやって大変だった」という情報がもらえたので、その大変なこととやらにならずにすんだ。豆知識まで。

*1:gdi++を使っていたらXPでもだいぶんマシ

コメントは受け付けていません。