宇宙の太陽光利用 新技術開発

NHKオンライン

この技術は、大阪大学レーザーエネルギー学研究センターと独立行政法人宇宙航空研究開発機構」などが共同開発しました。・・・実用化されれば、赤道の上空3万6000キロの静止軌道に打ち上げた1つの人工衛星から出力100万キロワット原子力発電所1基と同じエネルギーを送ることが可能で、地球温暖化対策やエネルギーの安定供給に役立つ画期的な技術として注目されています。

ソーラレイ、キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

エネルギー問題解決!地球温暖化問題解決!未来だっ!!!

コメントは受け付けていません。