朝の部

DSA、ダイナミカルシステムアプローチのWSに出る。
非線形のモデルにすると表現力が上がるのはわかるが、何をどう表現しているのかがはっきりしない。少なくとも、モデル論と現状とを埋めるには、膨大なデータの蓄積がいるだろう。そこが欠けているから、DSAに興味がない人はイロモノだと思うだろうし、DSAの宣伝をする人はあいつらなんでこの良さがわからないのだ、となる。そのギャップが広まる一方だ。

私にできることは、基礎データをとる、少なくとも基礎データをとろうとする弟子を作ることぐらいだ(笑)
そのときまで「数理心理学の展開」と「DSA」のWSは続けていて欲しいなぁ・・・。あと20年ぐらいですか(笑)

コメントは受け付けていません。