修理はBest?DeoDeo?

新しいFAXを買って、古いのは捨てようかと思ったけど、もし修理して直るのなら直して使うのも一興。
というのも、研究室のFAXが感熱紙を使うヤツで、どうにも不便さを感じていたのだ。

昨日、市内をウロウロしていてDeoDeoの前で佐世保バーガーを買っているとき、待ち時間にFAXの修理ってできますか、と聞きに行ったら、「お預かりになりますが、一週間ぐらい。その症状でしたら5000〜7000円ぐらいでしょう。預かり料1050円頂きますが・・・」とのこと。なぁんだ、結構妥当な値段じゃない。

FAXの新品は、一万円ぐらいで、と思っていたが、いいのは倍ぐらいする。昨日買ったのは13000円。もし5000円で直って、研究室のFAXが普通紙印刷になるんだったらHappyじゃないか。

ということで、今日、帰宅ついでにFAXを持ち込んだ・・・お向かいのBest電器にw
なんということはないのですが、Best電器はポイントカードを作っているので、もしポイントがたまるのならその方がいいし。

さて、Best電器。修理カウンターにFAXを持ち込む。担当のオジサンが出てきたので、修理をお願いしますと言った。
店員、以下店)「どういった症状で?」
俺、以下俺)「紙を読み込まないのです」
店)「なるほど、FAXができないと」
俺)「いえ、電話ができるので、通信部分に問題はありません。紙をとりこまないので、FAXもコピーもできません」
店)「あぁ、コピーができないというのは、このコピー読み取り部分の故障でしてね・・・」
俺)「いえ、違います。記録紙を読み込まないのです。紙の読み取り部分の問題です」
店)「そうですか・・・とりあえず、こちらの用紙にご記入頂けますか」

店)「本日、初期診断料として2100円頂きます。一週間から十日ほどで修理が上がってくると思いますが、一万円ぐらいかかるかもしれません。一万円以上かかるようでしたらお電話差し上げるということでよろしいでしょうか」
俺)(えー、高いなー。でもまぁ仕方がないか。この店を選んだ俺のミスだ。)「ええ、結構です」
店)「それではちょっとお借りして・・・えーと、FAXができない、と」
俺)「いえ、紙を読み込まないのです」
店)「ええ・・・と」
俺)「ここには「給紙できない」と書いて下さい」

どうにも不安だ。

今度から、修理はDeoDeoにしよう。

コメントは受け付けていません。