映画「大日本人」を見て

昨日、映画「大日本人」を見てきました。

内容に言及するつもりはありませんが、先入観を入れたくない人は、読まないでね。

とにかく、お笑いです。パロディというべきかな。
日本の政治、文化、芸術。あらゆるものを斜から捕らえています。
「お笑い」もです。それすら斜から捕らえます。
下ネタ、ベタネタ、そしてダウンタウンが築いた笑いの形式すら、パロディの対象にしてしまっています。

爆笑します。大変面白い作品です。
ただし、大衆受けはしないと思います。文化レベルの低い人にはわからないのです。不愉快感だけが残るでしょう。
外国の人はわからないと思います。文化がちがうからです。日本のお笑いがわからないからです。

だから、売れないと思います。

見る前から言っていたように、二作目、三作目が鍵です。
おそらくは第一作目ということで、気負いがあったのでしょう。ありとあらゆるパロディを詰め込んでいるのです。
そのせいで、伝わらないものになってしまったかも。

別に伝わらないやつには伝わらなくていいし(松っちゃんもそう思っているでしょう)、第一作目だからできる突っ走りすぎ、限界を知らない無茶ぶり*1が、いい感じの作品です。

1800円は無駄じゃなかった。でもDVDは買わないかな(笑)
それよりは「寸止め海峡」がほしい・・・。

*1:イチローが最初にシーズン200本安打をした年、本人いわく「自分以上の結果が出た」と言ってましたが、それに近い感じかな。

コメントは受け付けていません。