わるきもの

コピー機が紙詰まりたるに、すておかれるぞわろし。

別に今日の話じゃないんだけど、思い出したから書いておく。
コピー機を使おうと思って印刷室に行った。二台あるのだが、一台は使用中。なので当然、空いている方に行く。すると「扉をあけて紙詰まりの用紙を排出して下さい」というメッセージが出ていたのである。

前に使った人、直して行けよ、と思う。

そりゃ、機械が苦手だとか、時間がなかったとか、いろいろな事情はあるだろうさ。でも事情があるから放り出してもいい、という問題ではないと思うのだ。だって、確実に次の人が困るのだもの。次の人は、もっと時間がなくて急いでいる人かもしれないし、もっと機械が苦手かもしれないでしょう。自分の責任で、周りの人に聞くとか、事務の人に問い合わせるなどして、スタンバイ状態にしておくべきですよ。

今日は、裁断の用事があって印刷室に行ったのだけど、後ろでコピー機を使いに来る人が出たり入ったりする。
で、ある人が使ってて、スイと横に移動したのですよ。確認はしてないですけど、紙詰まりでも起こしたんじゃないかなぁ、とか思ってしまった。疑う自分もイヤだ。

というか、前回も、「ひょっとして、隣の人が紙詰まらせたんじゃねーの?」と思わなくもなかったのだ・・・。

私は人間が出来てないですね。エラー表示のままにしたやつほどひどくはないけどね。

コメントは受け付けていません。