deal or no deal

今テレビで、紳介が司会しているクイズ番組をみているのだけど、これって

  • どうするのがプレイヤーの最適戦略か?
  • ディレクターの提示金額はどのようにして決めるべきか?

というのが気になるな。
何となく、最初の問いは「ランダムに決めた最初のケースできめる」というのがいいかも。後者の問いは、見ている限り、単に「残るパネルの平均より少し下を提示」しているとしか思えない。果たしてそれでいいのかな、と思う。

もちろんプレイヤー合理的経済人ね。タレントは番組運営を考えた反応をするから見本にはならない。

しかし、「低い額のパネルがきえると、高い額の可能性があがる」という表現は正しいのだろうか?古典的には間違い?ベイズ的には正解?

実際には、テレビ的に、なんらかの操作があるだろうか?事前にトランクの中身を教えてあるとか、トランクの中身が自在に変更できるようになっているとか。

余談だが、この番組のオリジナルは外国よね。以前海外で見たわ。言葉はわからなかったが、ルールはなんとなくわかった。しかし、だからといって、トランクの横に外国人美女を配置するのは好かん。日本人だったらいいというわけではなく、外見を売り物にしているようで、好かん。フェミニズムではないです、物を考えないことが嫌いなだけ。

コメントは受け付けていません。