ねつ造のTBS

ほとんどの大衆はまだ気づいていないだろうけど、最近のTBSはあやしい。危ない。
平気で情報をねつ造する。ニュースは信用して聞いていられない。

ボクシング亀田の無茶な売り方とか、石原都知事の発言に全く逆の意味になるテロップをつけたとか、有名な事件はいくつもあるけど、それで決して反省することなく、新たに問題を生み出している。

実は、昨日からこんな話題が取りざたされている。

TBSが12日夜に放送した格闘技番組「HERO‘S 2007 開幕戦」が、2ちゃんねるで話題になっている。2ちゃんねらーによると、番組中に“2ちゃんねるそっくり”の掲示板に桜庭和志氏を批判するような書き込みがあったという。しかし、不自然な点が多く、2ちゃんねるでは掲示板や書き込みが、TBSによる捏造ではないかと「祭り」状態になっている。

これに対して、TBSがした返事というのがすごい。関連記事をコピーしておく。

TBSが2007年3月12日に放送した「総合格闘技HERO’S 2007開幕戦」のなかで、事実上の「捏造」映像が放送されていた。J-CASTニュースの取材に対しTBSが明らかにした。「HERO’S 2007」に出場する桜庭和志選手を紹介する中で、ファンのコメントが書き込まれたインターネット掲示板と見られる映像が映し出された。しかし、こうした掲示板はインターネット上には存在せず、実際は担当ディレクターが作成していた。

2ちゃんねるそっくりの「掲示板」はディレクターが作成したものだった(TBSより) 番組では、桜庭和志選手を紹介する映像の中で、06年大晦日の「K-1 Dynamite!!」での秋山選手の不正を伝える夕刊紙などを映した映像の次に、“2ちゃんねるそっくり”のネット掲示板を映し出したが、そこに、「桜庭さん、がっかりです」「桜庭に、全盛期の興奮なし」など、桜庭選手を批判するような書き込みがあった。

しかし、その「掲示板」の映像には「格闘技について語っている掲示板にもかかわらず、ハンドルネームが『通販さん』となっている」「テレビ的に読みやすいように書き込みの文章の行間が開いていたり、句読点がしっかりしていて、2ちゃんねるらしくない」など、不自然な点が数多くあったため、番組放送後、2ちゃんねるでは「掲示板や書き込みが捏造なのではないか」と指摘するスレッドが10本以上立ち、「祭り」状態になった。

J-CASTニュースがTBSに映像につかわれた「掲示板」の所在をたずねたところ、書面で次のような回答が寄せられた。

「昨年大晦日の秋山選手と桜庭選手の試合が、無効試合と裁定された時期に、インターネットの書き込みでも、様々な意見が飛び交ったことを担当ディレクターが記憶しておりました。ご指摘の映像はそれを基に、桜庭選手に対するファンの声がネット掲示板に掲載された当時の状況を伝えるために担当ディレクターが作成したものです」

「インターネット上の掲示板のイメージを作成したものではありますが、視聴者の方々には、どこかに実在する掲示板であるとの誤解を与えかねない表現であったと考えております。紛らわしい映像で、視聴者の方々、及び関係者の方々にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます」
TBSは今後「イメージ映像であることを明確に表示するよう厳しく指導する」としている。

ソース:TBSまた不祥事 2ちゃん映像「捏造」 (1/2) : J-CASTニュース

つまり、TBSは自作の桜庭批判画面を作成し、あたかもネット上で桜庭選手が嫌われているかのように報道したということである。
まぁ格闘技番組が報道か娯楽か、というと確かにグレーゾーンではある。報道なら真実を伝えなければならないが、娯楽ならある程度の演出は許されるだろうからだ。しかし気になるのは、ばれたから演出だと認めたものの、ばれなければ印象操作になったことは必至であったろう、ということだ。知らない人が見たら、明らかに「2ちゃんねるってイヤーね」という感情を抱くだろうからだ。

私はねらーを評価するつもりはないけど、それは現代社会の一側面であって、捏造や誤報によって報道するのは、公器としての電波を預かる側に問題があるといわざるを得ない。

皆さんもできる限り、注意してテレビの情報に触れていただきたい。

ちなみにこんな本がある。

TBS「報道テロ」全記録―反日放送局の事業免許取り消しを! (晋遊舎MOOK)TBS「報道テロ」全記録―反日放送局の事業免許取り消しを! (晋遊舎MOOK)

文体は悪意に満ちているので、そのまま評価はできないけれども、事実としてTBSが行った問題行動を知ることができるので、興味がある方は是非ご一読を。

っていうか、マスコミは自浄作用がないんだよな・・・。他局が徹底的に叩けばいいのに。こういう問題行動を起こしたら。

コメントは受け付けていません。