行動経済学

行動経済学 経済は「感情」で動いている (光文社新書)

これは新書の中でも、結構シリアスに書いてある本。行動経済学とか実験経済学など、心理学的視点を取り込んだ(言い換えれば合理的経済人仮説を捨てた)新しい経済学についての話。最新情報を盛り込みつつ、冒頭にモンティホール問題をもってくるなど、読みやすさも狙ってくれていますが、後半になるとちょっとその辺も息切れして、読むのが億劫になってきます。

が、まぁ心理学者の目から見ても、いろいろ新しい情報が美味く要約されているし、自分なりに実験するならどうするかな、なんて刺激されますから、とてもよい本だと思いますよ。

コメントは受け付けていません。