ダ・ヴィンチの謎ニュートンの奇跡

ダ・ヴィンチの謎 ニュートンの奇跡 (祥伝社新書)

神が作った美しい世界の「認識(グノーシス)」に挑んだ2000年のドラマ!という帯が着いてます。

ダ・ヴィンチ・コードは間違っている、という話もあったのだけど、著者自身もニュートンが本当に林檎が落ちるのを見たと想定して話を進めるなど、多少間違えたことは言ってるわけで。要するに、ダ・ヴィンチ・コードのエンターテイメント性を抜いた、史実としての宗教観の変遷、というのがテーマかな。教養程度に知っておいてもいい話です。軽く読めます。

コメントは受け付けていません。