新ます

百万遍の近く、とある町屋にはいるとそこはラーメン屋さん。
入り口で大将が鍋の前に陣取っている。夜は居酒屋になるそうで、全体的には飲み屋のイメージなお店。

しかしなかなか、出すラーメンが本格京都風豚骨醤油ラーメン。うまいっ!昨日のフラストレーションを吹き飛ばすかのようなこってり感。最初は胡椒が効き過ぎてる?と思ったが、どうやら豚骨のパンチ力みたいだ。かなりパンチ力が強い目のお味です。

一緒に頼んだ焼きめしや餃子は、手作り感のするお味。色気のない器も又いい(笑)

色んな意味で、京都ラーメンの原点的、中心的味わいじゃないかなと思った。
関係ないが、かの「ますたに」とは無関係だそうです(妻談)。

コメントは受け付けていません。