HONA

この日は夕方からだが、指導教授の還暦祝いパーティーでした。
日曜の夜という時間設定にもかかわらず、多くの皆さんに参加して頂き、盛会のうちに終えることができました。
あまり堅苦しい会にしたくなかったので、細かい段取りなんかもそれほど考えてなかったのだけど、というか思いっきり場当たり的にやったのだけど、機転の利くスタッフや参加者の皆様のご助力により、無事に終えることができて胸をなで下ろしています。
先生も喜んでくれたんじゃないかな、と思います。それが一番嬉しいことですがね。

さて、歓談中の私のテーブルでは、私が「10年も通っているのに未だに大学になじめない」といういつもの(?!)話題になり、そのときのひとつのキーワードが「ほな」じゃないか、と指摘された。私は共同研究室を出るときに「ほなまた〜」という挨拶を良くするのだが、後輩Oに言わせると「ほな」はかなりきつい大阪弁に聞こえるのだそうで。あー、コテコテの人だな、と思わせるきっかけになるそうだ。

全く意識したことはなかったが、「ほな」ってそんな響きなんだ・・・気をつけよう、と思いながら、解散した後最後に後輩に声をかけたのは、やはり「ほな」だった。こりゃなおらんわ(笑)

コメントは受け付けていません。