支那そば 一光

今日は京都ラーメンじゃありません。兵庫県。国道二号線沿いの支那そば「一光」の塩ラーメン。ココの店主は「ガチンコ ラーメン道」で有名になった佐野氏のお弟子さんだそうで。

綺麗なスープ。ボリュームがありつつ味のハーモニーを壊さないチャーシュー、細くストレートな麺、まぁ良くできています。ただ、最初に味わったときに、梅田の揚子江ラーメンを思い出した。揚子江ほど純粋なスープじゃないけど、それは悪いことじゃなくて、代わりにボリューム感を得たのだ・・・というのが第一印象。俺の塩ラーメン評の原点は、揚子江ラーメンにあるようだ。

サイドメニューの焼きめしも、餃子も美味しかったですよ。なにより今日は空腹だったから・・・

コメントは受け付けていません。