「納豆で血液サラサラ」は嘘 「あるある大事典」とNHKのトリック

こちらの記事参照。「納豆で血液サラサラ」は嘘 「あるある大事典」とNHKのトリック:MyNewsJapan

納豆が今、売り切れ続出の状態らしいですね。あるあるで取り上げられたからだとか。そういうのはえてして、疑似科学だと思ったほうがよい。何かを食べただけで体の仕組みが変わるはずがないだろう、と疑ってかかる人の比率がずいぶんと減ったものだ。

「あるある」は罪深い番組で、スタッフが無知なのか、スポンサー企業(団体)がバックにいるからか、うそばかり垂れ流している。マイナスイオンを言い出したのも、この番組じゃなかったか。
私は専門で統計をやっているから、すぐに「あるある」が胡散臭いと気づいたのですが、あの番組での検証はどう考えてもサンプルが少なすぎる。有意差検定もしてないし。

そういういみでは「トリビアの泉」はいい番組だった。必ず専門家に聞きに行き、データを取るときも統計学の専門家をバックにつけていたから。

さて、次は何がはやるかしら。そしてそれは本当なのかしら。

コメントは受け付けていません。