読書案内

構造主義科学論の冒険 (講談社学術文庫)を読みました。来る飛行機の中で読み切った。まぁ12時間半もあれば読めます(笑)実際は三時間ぐらいじゃないかな。

読みやすい。主張することもわかるし、最後に社会問題に提言するのも、これぐらいならアリかな。国歌斉唱問題を何度も取り上げるのは辟易したが(笑)しかし、この手の話は改めて言わないとダメなことですか。ソシオンなら当然の前提であるようにも思えるのだが。

今から構造構成主義とは何か―次世代人間科学の原理を読み始めます。目から鱗が落ちればいいが。

日記
連休、やってます

令和になりましたな。 世間は10連休。わたしは初日の土曜日に研究会を入れたし、最後の月曜日は授業日な …

日記
バルサン焚きました

去年の今頃もやったなぁと思いつつ。 家の中にムカデが出るんですよ。家族はみんな虫嫌いで、中でもムカデ …

日記
さようなら平成30年度

大学という年度単位で生きている私どもにとっては,今日がある意味一年の最後の日です。明日は新元号も,科 …