川床

義祖母ちゃん(おばあちゃん、と読んで欲しい)の米寿の祝いで、貴船の床に行ってきた。初めての経験である。
街中(木屋町)にある方とは違って、ずいぶん涼しい、というのが第一印象である。

それにしても、電車で貴船口まで行くのだが、そこからがすごい。何がすごいって、人、人、人…なのである。客や旅行者だけでなく、店員も狭い道に出てきているし、その中を車がそろそろと進む。運転手が途中で無線を使い、「今から上がるけどいいですか」と聞くと「ミニパジェロが行ったら来てください」という返事があったり。それぐらい細い道だということ。とまぁそんな感じで、多少興ざめしてしまった感は否めない。

確かにやっていることは風情があるのだけど、それが観光地=商売になると風情が失われるのは避けられないことなんだろうか。

出町柳から、バス一本で帰ってこれた。変な時間になったけど、家族三人で少しお昼寝。土曜日というより日曜日の感じ。

コメントは受け付けていません。