娘の病

娘は朝から微熱があったので、念のため医者に連れて行くことに。
医者が言うには、また夏風邪だという。

風邪のブームというのは数日おきに変わるものらしい。
あるウイルスAにやられて風邪を引いたとする。保育所を休ませて、数日後に保育所に戻る。するとそこではウイルスBがはやっている。病み上がりなのでまたやられる・・・。
それの繰り返しで、春から夏にかけて、初めて保育所に行く人が休み勝ちになることはよくあることだそうだ。

風邪というのは熱、鼻、咳などの病状の総称だから、病因が別であっても表現型は同じ。親としては風邪がいつまでも治らないから不満、ということも医者はよくわかっている(らしい)。

ともかくまぁ、だらだらとつきあっていくしかなさそうだ。

コメントは受け付けていません。