読書案内

最近、似たような本を立て続けに読んだ。
いまさらながら、統計調査の問題点を挙げた本である。授業の参考資料にしようと思って読み始めたのだ。下の二冊です。

「社会調査」のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ (文春新書) 統計の誤用・活用 (講座 情報をよむ統計学)

「社会調査」のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ (文春新書)」の方がよい本だと思う。「統計の誤用・活用 (講座 情報をよむ統計学)」は表現のまだるっこしさ、本の構成のしかたなどが気に入らない。

リハビリはこれらの本を読む時間を与えてくれる、貴重なチャンスであった。
これからは通学時間の電車が読書時間です。

コメントは受け付けていません。