もったいない

部屋の掃除。少し大がかりに。
タンスの中身も整理した。持っているものをずらりと出してみると、けっこうたくさんあるんである。しかし、そのほとんどが着ないもの。「あー、あのとき買ったヤツだ」とか「あー、あのころ着たなぁ」という思いではいろいろ出てくるのだが、実際服を着るときに選ぶ候補の中に入ってこない、というのが多い。
そこで「意識しないものは捨てよう」と思って服の大リストラを決行した。

結局、ゴミ袋二袋分の古着が出来た。

さて、京都府は古着を家庭ゴミとして出せるから、普通に捨ててもよいのだが、ここで手が止まる。どうしても「もったいない」と思ってしまうのだ。着ないだけで、着られないというわけじゃないんだから・・・。
フリーマーケットに出す、と言うことも考えてみたが、誰かが買ってくれそうな程よいものではない。自慢ではないが、服のセンスは悪いので、「よくまぁこんな服を買ってきていたな」というものも少なくない。

ということで、古着を集めているボランティアを探しています。

コメントは受け付けていません。