なぜ、なくならないのか

不思議なもので、同じ人間が似たようなテーマでものを書いていても、言葉の表現は常にブレる。微妙なブレなのだが、書籍としては表現を統一しなければならないだろう。読んでいても特に負担を感じないから、なおさらタチが悪い。グッと集中してみていると、あれ、これ同じことなのに少し違う言葉になってるじゃない、というのが見つかる。

書き直す。

でも、なくならない。

書き直していると、書き足さねばならなくなったりもする。

なぜ、なくならないのか。

コメントは受け付けていません。