やっとこさ

改稿作業。

査読者とのやりとりは、口喧嘩に似ている?
そうならないように、気をつけながら。

つい、

「何を持って○○がよいという、そちらの論拠をいってみろ?こっちは上に述べたように、必然性を持って書いてるんですよ。」

とか、

「それとも、十年一昔といいますから、もう古かったですか。そうですか。古い理論を使っちゃ駄目って、どこか規約に書いてありましたか。無かったと思うんですが。そもそも科学の歴史から考えれば、半世紀なんか短い方だと思うんですけど!( ゚Д゚)ゴルァ」

とか、

「さみしかったですか。そうですか。ごめんなさい。で、棒グラフは何本あればいいんですか?」

とか。

こんなことを書きたくなっちゃう。当然削除。でもやりきれない気持ちもあって、ここに吐露。

とにもかくにも、言葉を生み出すというのは、気持ちがすさむなぁ(笑)

日記
さようなら平成30年度

大学という年度単位で生きている私どもにとっては,今日がある意味一年の最後の日です。明日は新元号も,科 …

日記
巡り合わせの悪い時期

息子の骨折,本日完治いたしました。先週ピュウッと留め金の針金を抜いて終わったそうです。最近の医学はど …

日記
半月板ガングリオン

ロボの名前みたいだよねー。病名なんですけど。和名?は半月板囊腫です。 膝が痛い問題、MRIの結果を持 …