静かなことは不安であることと同義

野ブタ。をプロデュースを読破。
ドラマと全然ちゃうやんけ(笑)これをドラマの原作本として購入した人はかわいそうだね。内容もまぁ・・・。
芥川賞の候補作になって、大騒ぎになって(作者は京都出身なので、京都新聞では大きく取り上げたりした)、結局賞が取れなかったという経緯を持つ作品。
確かに、今時の高校生らしさはよく書けていると思うが、それだけだった。もう少しストーリーの方にふくらみがあってもよかったんじゃないか。いまいち盛り上がりに欠ける感じだった。読後に何も残らないし。

これを思うと、ドラマは一応見られる物にしてあったと思う。原作を変えてまで、ヒロインとヒーロー(しかも二人)を作って、悪役も作って、ワンクールもたせたもんなぁ。ドラマの作家というのも大変だなぁ。

ところで、我が家にこういう本が増えました。これは笑えます。ネットでやってたころから知ってはいたが、改めて本で読むと面白いね。
バカ日本地図―全国のバカが考えた脳内列島MAP バカ世界地図 -全世界のバカが考えた脳内ワールドマップ-

今日は、娘がよく眠る。眠りすぎるぐらい眠る。起きている間もぼーっとしている。
おかげで静かだ。
だが、身体のどこかが悪いんじゃないだろうか。心配である。
熱はない。はいたり下したりもしてない。ただただ、身体に力が入ってないのである。

心配である。

コメントは受け付けていません。