ライト・スタッフ

kosugitti2005-09-21

 「機動警察パトレイバー」の第一話のタイトルは、「ア・ライト・スタッフ」だったと思う*1。サブタイトルが「あっかる〜い人々」だったはず。全部思い出して書いているから、間違っていたらごめん。
 これは、ライトを「明るい」と訳すと明るい人々、という意味になるし、同時に「あっ軽い」という意味でもとれるようになっている。一方で、英語の意味として「正しい資質」という意味にもなっている。このお話は、スタッフが集まってきて、その人たちは軽くて明るいんだけど、正しい資質を持っている、というお話で、三重に意味を重ねているすばらしいネーミングである。

 今日、大学に出かけると、学会の準備がずいぶんと進行していた。俺が登校しない間に、他の院生たちがものすごくがんばってくれたようだ。すばらしいスタッフである。
 中でも驚いたのは、昨日私が100均によったときに見つけた「首からかける携帯ストラップ」が院生の人数分買いそろえてあったことだ。私は本部用に、と一つだけ買ったが、まさか人数分用意しておいてくれてあったとは。みんな隅々まで考えてくれてるなぁ、と感動した。もちろん、本部用プリケーのメモリにスタッフ分の携帯番号が入力済みだったことは言うまでもない。

 もちろん彼らはライトスタッフである。

*1:パトレイバーはコミックス、テレビ版、OAV版の三種類あって、それぞれ微妙に異なる世界が描かれているが、一番面白いのはコミックス版。俺の好みだけど。あと、映画にも二回なっているが、一回目は秀逸。今回のお話はもちろんコミックス版について

コメントは受け付けていません。