Kosugitti's BLOG

アンドロイドは正規分布の夢を見るか

この画面は、簡易表示です

2009 / 5月

最近のおねえちゃん

おねえちゃんは、大人の真似をすることが大好き。なかでも、「叱る」シーンを真似したがる。大人っぽいからだろうか?

被害に合うのは、弟です。

弟(9ヶ月)は、人の後ろについていくことが大好きで、しかも興味があるものにはすべて手を出す。触ってみる。舐めてみる、噛んでみる。おねえちゃんはそれが嫌なので、「てっちゃん!もうおねえちゃん、あそんであげないよ!きらいよ!」とか言ってる。おもしれえなぁ、理不尽だなぁ(笑)、と思うと同時に、われわれ親がそんなに、そんな風に叱っているのか…とすこし反省したり。

それにしても、あねよ、紙を細かく切って「ご飯」といい、それを弟にばらまかれて怒る前に、その遊びをやめてくれ・・・掃除したばかりなのだよ。



山口のほたるたちによろしく

蛍鑑賞会、ついでにほたる祭りがあり、しかもドイツワインをグラスでいただけるというので、同僚Oや学生に声をかけて遊びに行きました。

18時すぎはまだ明るく、どいつワインを飲むのがメイン。その後、「お酒ばかり飲んで大人が構ってくれない」ことに嫌気をさした娘をつれて、出店会場へ。できないというのに、金魚すくいをして即アウトになり、ポテトフライを買ってくれというからそちらに向けて歩きだしたら、途中のかき氷がいい、と意見を替え、「座って食べたい」というので再びドイツワインのところへ(椅子があったので)。

さて、その頃にはとっぷりくれておりまして、川を見ると確かに!蛍が乱舞するのです。いやぁ、きれいだったなぁ。
1〜2匹が見えるか見えないか、みたいなことを想像していたので、あんなに団体で、シンクロしながらほわ〜っと光るのをみるのはとても幻想的。

それを写真にとろうと、フラッシュをたく無粋な客に幻滅。あかんにきまってるやん。

その後、皆に声をかけて自宅へ。実は、31日が同僚Oのお誕生日だったのです。今年の頭、俺のお誕生会に参列してくれたので、お返しをしなければと思っていたから、ちょうど良い機会かと。

ビール、焼酎、日本酒、ワイン、色々飲み食いして、たっぷり酔いました。
O先生のアイデンティティの考え方は素晴らしいな。なぜ学生に教えないのだろう。自覚的であることを求めるからか。



外耳?

耳の中にできものができて、触ったら血がついてきた。自分ではどうあっても見えないので、妻に写真でとってもらって送ってもらいました。よく分かりませんが、耳の中央に赤い点があるのが見えるかと思います。たいしたことないわりに、イラっとする怪我です。



これはひどい。

こち亀がTVドラマ化決定 主演(両さん役)は香取慎吾
痛いニュース(ノ∀`) : こち亀がTVドラマ化決定 主演(両さん役)は香取慎吾 – ライブドアブログ

役柄にあった俳優、という発想がないのだね。ドラマは全てジャニーズのものか。

論文掲載拒否で苦痛 元大学教授が気象学会を提訴
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090527/trl0905272004015-n1.htm

「論文の掲載を拒否されて精神的苦痛を受けた」というのはおかしい。
真偽のゲームをしている科学において、勝負=権力のゲームと捉えて反論しているわけだから。
実際問題として、リジェクトされたら辛いけど、耐えて次に、他に、進むしかないと思うのだ。
最悪どこの学会も扱ってくれない内容であったら、学内誌に載せるか、自分で印刷して配り歩けばいい。

楽天、利用者のメールアドレスを含む個人情報を「1件10円」でダウンロード販売していることが判明
楽天、利用者のメールアドレスを含む個人情報を「1件10円」でダウンロード販売していることが判明 – GIGAZINE

クレジットカード情報まで売る、というのだからひどい。おそらく楽天会員になる時の約款に、こういう利用もされますよと書いてあるのだろうけど、いくらそうしたからといって許されるものでもあるまい。このニュース、大きく報道されなければならないハズだが・・・?

しかし、楽天がつぶれたら、球団どうなるのかな。それが心配だ。



ROC曲線とC統計量(c-statistic)

c統計量というのがあるらしい。
正誤の判別をするときに用いる指標で、元データが大きく偏ったりしているときでも使える指標らしい。

ということで、色々調べておりましたが、先日とうとう専門家に問い合わせて、分かりました。

ROC曲線の下側の面積なのですね。
ロジスティック回帰分析による確率的・連続的値を元に正誤判別をするとき、正しい判別率がどの程度か、を指標化したグラフの面積なのですね。

私の今のデータに直接使えないことは分かりました。
いや、やり方によっては使えるのか・・・

ともかく、分かりました。

なぜ日記に書いたかというと、”c統計量”で検索してもほとんど出てこないからだ。かなり困った。
ROC曲線、という第二ヒントがなければ出てこなかったなぁ。

分野で言うと医療統計のあたりでよく使われているらしく、専門家によるとc>0.8ならよい、という目安があるそうな。なるほど。

で、Rでないかな、とおもったら、青木先生が書いておられました。さすが。
R — ROC 曲線と ROC 曲線下面積




top