06月21日のやりなおし

  • 今日の予定は以下の通り。1.ゆっくり目に起きる、2.お買い物にでかける、3.美味しいおやつを食べる、4.帰宅して少し研究っぽいことをする、5.友人が来て会議
  • 「〜ということになったから。いいかな?」という最後の「いいかな?」は、善し悪しを聞いてる疑問文というより、確認、断定、強要の意である。すでに決まったと言われたことに対し、反論できるものでもない−と、妻に何度も怒られているが、ついやってしまう。あ、やっちゃった、と気づくようになったのすら最近のこと。頑張って学習係数を上げねば。
  • 友人が来て会議、は妻も交えて話をしたから。同じゼミ出身だから、小さな勉強会を自主的に開いたような気分だ。またしても妻の頭の良さを見た。たまらんな。アレには勝てぬ。私はどうしても気づかない盲点があって、妻と友人は分かっているのに、俺だけ分かっていないという感じ。いつもの相対的剥奪感。あぁ恨めしい。自分が全く成長していないような気分だ。事実そうなのだろう。私は、ものが分かったような気になることはできるが、決して本当に分かることはできないのだ。クオリアが欠けているのかな、あるいは東野幸治みたいな症状なのかな。悩み、分かったような気になることができるだけでも、幸せ者だとは思うが。世界に真実というものがあるならば、死ぬまでに一度でいい、それに触れてみたい。俺はサイエンスライターになるべきだったのか?科学者として、不完全な気がする。目が欲しい。いい目が。あと、記憶を少し。
  • 首、肩、背中、肘、膝の裏にあせも発生。嫌な季節だよ、全く。ちなみに子どもにも同じように出ています。親子でシャワーを浴びる癖をつけよう。

コメントは受け付けていません。