05月23日の採点

  • レポートの採点。じっくり読み込むので時間がかかる。一時間で三人しか読めないことだってある。これは、たまたま?赤ペンを入れなければならない学生のレポートが続いたときなんかがそうだ。今日は17人分のレポートを読んだが、ほぼ一日がこれでつぶれた。ちなみにこれでまだ半分。
  • みんな、頑張って書いたのだろうというのはわかる。ただ、「科学的論文」のスタイル(表記法+文体)に慣れていないので、書きにくいor書けてない、という感じだ。これは、一回書いてみて、どこがどのようにまずかったのかを教えてもらわないとわからないだろう。あるいは、模範的レポートを見るか、である。一応書き方は授業中にいうし、模範的レポート=実際の学術論文は、ゼミなどで読む機会もあるだろうから、全くわからないわけではないだろう。でも、自分で書くこととは、それらに熟練した上でないとできないことである。とはいえ一人、ほぼ完璧に書けている人がいた。こりゃあよっぽど時間をかけたか、抜群の要領の良さを持っているか、だね。
  • 授業として、何か改善できるところはないかと考えた。思うに、TAがついているとだいぶん楽である。書き方の問題は、一旦書いてみて、それを誰かがチェックしてあげればいいのであって、それがいきなり(学生にとっては単位の最終関門という意味での)教員でなくてもいいはずだからだ。次回からでも、後輩に頼んで私設TAをやろうかとも思ったが、スケジュールの都合なんかも考えあわせて、ちょっと思案中。
  • 夕方少し雨が降ったようで、涼しかった。今年は意外と冷夏かもしれないそうな。米不足なんかになられたら困るけど、嬉しいことだね。
  • いいタブブラウザを探している。今までSleipnirを使っていたが、フリーズを繰り返すのでLunascapeに変えた。これでもまだまだフリーズするので、Lunascape Liteにしてみた。それでも調子悪い。原因は、スタートアップURLである*1。私はこの機能が欲しくて、タブブラウザにしているのだ。が、どうやら30近いページを一度に開けようとすると、どんなタブブラウザでもうまくいかないようなのである。Firefoxのホームページを複数指定で、というのもやってみたが、そうするとスタートアップURLを使いたくないときの、軽いブラウザが無くて困るのである。紆余曲折の結果、アンインストールしていなかったSleipnirに戻ってきた。ただこのSleipnir、かなり人気のタブブラウザであるのだが、開発途中に開発者が空き巣に入られ、開発用マシンを持って行かれたそうだ。ソースから何から無くなったので、今、一から作り直しているという。新Sleipnirの開発状況を見ると、かなり期待できそうだ。早く完成してくれないかな。六月中にお披露目とのこと。

関連URL柏木泰幸

  • 5月23日は文の日の中でも特に、恋文の日というそうな。我が家では、タイトルにあるように呼ぶことに決めました。

*1:起動時に設定してある頁が一斉に開くこと。友人の日記など、巡回するのが決まっているところを設定しておくと、見忘れなくて済む。

コメントは受け付けていません。