05月19日の鑑賞会

  • ゼミで鯖街道の記録動画、通称「サバムービー」を鑑賞。一時間ちょっとのムービーなのだが、歩いてない人には感心のない、歩いた人には思い入れのありすぎる作品になっています。
  • ムービーメーカーで作った動画をそのままDVDにできりゃあいいのに。なんだかファイル変換が必要だそうで。ライティングソフトも選ばないといけないみたいだし、面倒だなぁ。
  • 調査票のだめ出しを食らう。活発でいいゼミだこと!
  • 物事は常に二面性がある。コップの中に少し水が入っていたとして、それを「少ししか入ってない」というか、「少しでも水がある」というか。言い方次第で印象が違う。常に両面を評価する訓練をしていないと、自己推薦文を書きつつ、自虐的に科学に真摯な態度で向かわねばならない研究者生活はつとまらない。

コメントは受け付けていません。