TeXを使う人、テフニシャン

MS Wordで書かれた(他人の)論文を読む。コメント機能を使ってみた。なんか、それっぽいものが出来て面白い。これだと画面を見ながら校正するのも悪くないな、と思ったり。TeXはコンパイルしてからでないと美しさが発揮できないのが最大の弱点だね。早くインタプリタ版でないかな。

さてその後、上のパワーポイント作業に移ったのだが。
なんでかわかんないけど途中でシステムダウン。ブループリントを出すなよなー。
再起動後、何とか自動バックアップがあったので、作業が全部パアということにはならなかったが、それでも15分ほど時間を無駄にしたかと思うと腹が立つ。
MS製品の最大の弱点だな。未だに未完成の商品を高い値段で売りつけやがって、恥ずかしいと思わないのかあの会社はよぅ。

しかしまぁ、TeXは綺麗で格好いいけど、やっぱりマイノリティなわけで。
先日も、先生に論文をファイルで送ってくれと言われたので、PDFでよろしいですかというと、「うーん」と言われた。あわてて帰宅し、PDFをリッチテキスト形式で保存し直し、Wordで読み直してから提出。形は汚くなるし、図表が取り込まれなかったが、仕方ない(涙)。

やっぱり互換性は、MS Wordなのだ。
最近は論文も、オンライン投稿が可能なのだが、デフォルトはWordですからね。英文のチェックもWordファイルでやるみたいだし・・・

根性があれば(あるが)、Wordで完成させてから、TeXに書き直して自分用に保管するとかやるのだが、この二度手間がテフニシャンの悩みなのです。

P.S.でも、自動的に文献リストをつくってくれるのは、私のような「事務書類失敗キャラ」には捨てがたい機能なのです。

コメントは受け付けていません。