スケールの大きさ

 友人Fの日記に、夫婦共々大爆笑−昨日深夜のこと。

 スケールの大きいひとは、企業であれスポーツ業界であれ、個性が隠せないので活躍できるでしょう(芸能界は除く。何となく違う力が働いているように思うから)。それよりもスケールが大きい人。大きすぎて手に負えない人が、大学人にふさわしいのでしょう。少なくともFの師匠は明らかにそうだ。なろうと思ってなれるものではないけどね。

 明日から22日まで出かけますので、日記がストップします。遊びに行くわけではないので、お土産はありません。>各位

 ので、今日は一日家で過ごす幸せをかみしめておりました。
 M-1グランプリのDVDが来たので、夫婦で鑑賞しながら。笑い飯のネタに爆笑しながら。

 ところで、このDVD、スピードワゴンのネタがほとんど口パクです。ほとんど音声が除去されており、全く面白くありません。
 冒頭に「動揺のネタなので、著作権法にひっかかるため・・・」という解説が入りますが、どうしても納得できません。JASRAC?に申請して、著作権料を払えばいいだけの話じゃないか。そのためにDVDが500円、1000円高くなっても買いますよ!お笑いファンは。
 というわけで、購入を計画している人には、本気で「やめとけ」といいます。

 もっとも、笑い飯のネタのためだけに買うのだ、という割り切りがあれば、問題ない。
 来年からはPCに録画しようっと。

コメントは受け付けていません。