「わかりやすい文章」の技術

 ブルーバックスの『「わかりやすい文章」の技術』を読む。

 常日頃から文章がへたくそだと言われるので、せめて形から入ろうというわけである。

 薄い本ではあるが、さすがこの本の著者だけあって、わかりやすい。しかも、読みやすい。一日で読破してしまった。
 なるほどと思わされるところもある。私の文章が難解になるのは、自分が十分理解できておらず、曖昧な言葉や知っている単語で逃げようとしているからだ。あるいは、読み手を十分イメージできていないからだ。
 何となくその辺なんだろうな、と思っていたが、この本を読んで確信に至った。なるほどね。

 でも、この本は文筆業の人間以外も読んでおくべきだとおもった。例えば、大学生一般。
 将来、社会に出て、日本語を書くことがないまま生きていけるわけでもないので。
 早速授業の中で紹介しておいた。レポートなんかを書くときも、この本にあるようなルールに則っていてくれると、きっと採点もやり易いに違いない。

 今日は一日授業だったので、特に書くことはない。
 休み時間や、帰宅後のちょっとした時間で、コソコソと論文を書き進めた自分は褒めてやりたいが。

日記
連休、やってます

令和になりましたな。 世間は10連休。わたしは初日の土曜日に研究会を入れたし、最後の月曜日は授業日な …

日記
バルサン焚きました

去年の今頃もやったなぁと思いつつ。 家の中にムカデが出るんですよ。家族はみんな虫嫌いで、中でもムカデ …

日記
さようなら平成30年度

大学という年度単位で生きている私どもにとっては,今日がある意味一年の最後の日です。明日は新元号も,科 …